ご存知ですか? とびうおの話


栄養と効能
トビウオといえば、大海原の上を群れて滑空する姿が目に浮かびます。運動量が激しいためか脂肪分は少なめですが、意外にも高タンパク質。ヘルシーフードとして人気が高い魚です。トビウオには元素の一種「セレン」の含有量が多く、セレンは抗酸化性に富むため、老化を防ぎ、心臓発作、リウマチ、関節炎、筋無力症などに効果的であるとされています。また、筋肉や神経の興奮を制御するマグネシウム、血液を作る銅などのミネラルが豊富です。銅は不足すると骨の変形、骨折などを招くこともあるため、日頃からまめな摂取を心がけたいものです。


特徴と種類
日本近海では春と夏に北上、秋に南下する群れが見られ、伊豆諸島、南西諸島、周辺の海域での漁獲量が多く、産業上重要な魚種となっています。トビウオの飛行は”まぐろ”などの大型魚から身を守るための自己防衛手段が発達した結果であるともいわれていますが、実際、海洋の天然餌料としての役割も重要です。

戻る