鳥取県の牛乳のことを調べよう!
牛乳、飲んでいますか?
毎日給食で出されている牛乳、あなたは好きですか?

牛乳にはカルシウム、ビタミン、タンパク質等を豊富に含み、骨粗しょう症(こつそしょうしょう)、生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう)の予防にもなっています。
牛乳に秘められたパワーを見てみましょう。
日本では飼育されている乳牛の約99%が、白黒もようのホルスタインと呼ばれる種類の牛です。オランダからドイツにまたがるホルスタイン地方が原産地のため、この名がつきました。めすの牛は、生まれてから、約24〜26ヶ月で子牛を産んで牛乳がとれるようになります。

牛乳はこのようにできています
牛のお乳をしぼる機械でしぼられたお乳はパイプを通って自動的に送られます。
貯蔵タンクで35℃あるしぼりたてのお乳を一気に4℃まで下げて低温保存します。
巡回してくるタンクローリーに牛のお乳をつめかえて、牛乳工場に運びます。
       

牛乳工場へ運びます
       

授乳(検査)
工場で、牛のお乳の量や品質を検査します。
清浄化
清浄機で、微細なごみ、ほこりなどを取り除きます。
       
均質化
牛のお乳の脂肪球を細かく均質化します。
貯乳
大型タンクに入れ、クリームが分離しないように、かくはんしながら貯乳します。
冷却
雑菌などが繁殖しないように冷却します。
       
殺菌・冷却
超高温や高温で殺菌して、すぐに5℃以下に冷却します。
充てん
びんや紙容器に、牛乳を充てんします。
       
出荷
品質検査のあと、5℃以下に保ったまま出荷します。
ケースつめ・冷蔵
自動的に運搬ケースにつめて、冷蔵庫に保管します。
       
学校やスーパーなどで皆さんの手に届きます
 
牛乳の豆知識

 ○牛乳1本のカルシウム量は?

 ○牛乳からできるものは?

 ○牛乳のことをしらべよう


資料提供 鳥取県牛乳普及協会



  
戻る