食中毒の予防について


食中毒予防の三原則


食中毒を「付けない・増やさない・殺す」


食品を扱うときの注意点


1.手洗い

 ・石鹸をよく泡立て、爪や指の間をあらう
 ・タオルは共有せず、ペーパータオルを使用する


2.うがい

 ・外から帰った時、作業前には必ずうがいをする


3.食品の保存

 ・温度管理を徹底する
 ・賞味期限の確認をしっかり行う
 ・封を開けた物の保存は、特に注意する


4.調理

 ・食品を調理したり解凍したりする時は、二次
感染の恐れがあるので、十分加熱する
 

(参考)

○【厚生労働省情報】

  「カンピロバクター食中毒予防について(Q&A)」  



○【農林水産省情報】

  「食中毒から身を守るには」
 



BACK HOME