貸出しビデオの紹介


中学校向けビデオ教材

ぼくらのビデオレポート

〜骨折の謎・大追跡!〜

VHS

  《内容》

製作の意図

現代っ子は、体位が向上したわりには、ひ弱だといわれています。簡単に、骨折する子供が増えてきたことなども、その一つの現われといえるでしょう。この作品は、中学のビデオ部の生徒達が、校内で頻発する骨折の原因を追求し、ビデオ化していく過程を映像化しながら、成長期には、栄養に留意し、基礎体力を貯えておくことがいかに大切か・・・を、自然な物語展開の中で浮かび上らせようとしたものです。


あらすじ

○中部中学ビデオ部では、最近、校内で続発している、骨折の謎を探るために、ビデオ作品を作ることになった。

○まず、なぜ骨折したか?・・・・を知るため、骨折した人にインタビューしてみると、みんな道でころんだり、ベッドから落ちたり、ソフトボールに当たったり、といった実に簡単な原因で骨折していつことが分かった。

○では、なぜ簡単に骨折するのかを探るため、保険委員と、保険の先生を訪ねると、先生は、「それは、基礎体力の不足や偏食が原因で、特に、骨折には、カルシウム不足の影響も考えられる」といわれた。そこで、つぎに、カルシウム不足をおぎなうにはどうしたらよいかを、栄養士の先生に聞きに行くと、先生はカルシウムの多い小魚、大豆、牛乳などをとることが大事だが、一番肝心なのは、多くの食品をバランスよくとること・・・」といわれたのだった。

○ここまで取材したところで、ビデオ部では、討議の結果、今度は、骨折しないタフな人の生活を訪ね、丈夫な体をつくる秘訣を探ろうということになり、友人の兄の所属しているサッカー部の練習場へとでかけた。

○全日本チームのキャプテン、加藤選手がコーチをする、そのチームの日常生活を取材して分かったこと、それは、丈夫な体をるくるため、バランスのよい栄養摂取に努めることの重要さや、又、手軽なカルシウム源、栄養源としての牛乳の大切な役割・・・などであった。

○取材の最後に、テレビ部では、半分遊びをかねて牧場を訪ね、牛乳の栄養源としての優秀さに、認識を新たにするのだった。

 【企画】  全国学校給食用牛乳供給事業推進協議会
 【監修】  農林水産省・畜産振興事業団
 【製作】  (株)学習研究社







|戻る|