貸出しビデオの紹介


学校給食食中毒防止ビデオ

水を制御する
〜ドライシステム化への挑戦〜

日本体育・学校健康センター


  《内容》


食中毒の原因のひとつである二次汚染は、水が汚染を媒介することが多く、中でも床からのはね水は、食中毒菌を拡散し、食材や調理器具などを汚染することがあります。この対策として、今、全国の学級給食施設で調理室のドライシステム化が進められていますが、これは施設の全面改修がなければできない訳ではありません。
このビデオでは、従来の施設のなかで、設備の一部を改善し、ほぼ完全にドライシステムで運用している2つの調理場を紹介し、その改善内容と取り組みを具体的に解説しています。




 【企画】  日本体育・学校健康センター
 【監修】  文部省
 【製作】  株NHK情報ネットワーク







|戻る|