沿革  学校給食会とは   組織構成 |


 


目  的

 公益財団法人鳥取県学校給食会は、民法第34条に基づく公益法人として、学校給食法に沿って、県内の学校及び学校給食センター(共同調理場)へ安全で良質低廉な食材を安定供給し、併せて学校給食の充実発展に資するための各種事業を行うなど、鳥取県内の食教育の充実と児童生徒の健全な発展に寄与することを目的とする。


性  格
  公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(平成18年6月2日法律第49号)に適合する法人として平成24年3月20日県知事から公益性を認定され、平成24年4月1日に登記された公益財団法人です。

業務内容

@学校給食支援事業

(ア)学校給食用物資の安定供給・安全確保事業

物資安定供給事業


●基本物資(パン・米飯・牛乳)一般物資(おかず食材・衛生管理用品等)の安定供給に関する業務 
●学校給食用物資の製造に関する業務(パン・米飯・開発物資)
●学校給食用物資の利用促進に関する業務
●学校給食用物資の適正な保管管理及び配送に関する業務
●地場産物を活用した学校給食用食材の開発及び普及促進に関する業務
●上記に付帯する管理事務等の業務

物資安全確保事業


●学校給食用食材の安全確保に関する業務
●学校給食指定委託加工工場選定業務
●衛生管理啓発に関する事業及び製造における衛生指導
●衛生検査器具貸与・細菌拭き取り検査の実施に関する業務
 

(イ)学校給食の普及充実と食育支援に関する事業


●学校給食の普及充実に関する各種講習会、講演会、研修会開催に関する業務
●学校給食関係者への貸与に関する業務
●情報収集・提供に関する事業
●学校給食関係団体への助成、各種研修会・大会への派遣に関する助成事業
●国・県・市町村、関係機関等の受託業務
●食育支援に関する業務
●食育体験研修事業
●上記に付帯する業務

 

Aその他この法人の目的を達成するために必要な事業


●学校給食会管理運営に関する業務
●県内関係機関主催各種委員会委員として参画
●災害時等における物資支援に関する業務(県防災局との協定・鳥取市との契約)

 

 



 戻る